S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
       10 «  2017/11  » 12

プロフィール

CABALマーズ鯖に生息。

バニシャ

Author:バニシャ
ギルド 『Ambient 3』 創設者&GM。
エクゼにもマナフリにも負けずかゆい所に手が届く、そんなFBに私はなりたい・j・

Twitter

サムネイルLinks

検索フォーム

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LoR 9 ”Bob Dylan”

ボブ・ディラン
”フォークの神様”であり”20世紀大衆音楽の生き証人”
音楽好きな人でも、冠がでかすぎて手付かずのままの人多いんじゃないかな
その通りフォークの伝道師ですが、ロックはじめ他ジャンルに与えた影響がはんぱじゃないんで、今回はLoRシリーズの一環として紹介
ディランの曲は時代背景抜きには語れないとこがあって
揺れ動くアメリカと世界の情勢を、ときに批判しときに代弁した
戦争・差別・貧富の差・・・あらゆる問題を正直にのせた詩は、いまだに大きな影響力があります
作曲についてはほぼ全て自作ですが、元ネタはトラッド・フォークだったり、詩の面では黒人奴隷たちが歌っていたものを引用したりと、様々なものから選りとってる
そういった19世紀や近世まで含めて吸収したものを、現代的に作り変えわかりやすいものにした、それがディランの最大の功績じゃないかな

ほんとは詩も理解したほうがより伝わるんだけど、それは大して重要じゃない
おれもそんなに知らんし、知らないままなぜか聴き入ってた
聴こえるまんまを聴いたらおk


Blowin' in the Wind

邦題『風に吹かれて』 ディランの曲で一番有名かな

Mr. Tambourine Man

これもよくカバーされてる曲 一番いいカバーは近々紹介しま

The Times They Are a-Changin'

時代は変わる・・・このフレーズだけで当時の弱者と若者を勇気づけるには充分でした

Like a Rolling Stone

ディランの新境地でありブレイク・スルーとなった曲
バックはおれがいまだにアメリカで一番好きなバンド これも後日紹介
Side/LoR 1 ”ホフディラン” | HOME | 【FB再考】解放

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。