S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
       10 «  2017/11  » 12

プロフィール

CABALマーズ鯖に生息。

バニシャ

Author:バニシャ
ギルド 『Ambient 3』 創設者&GM。
エクゼにもマナフリにも負けずかゆい所に手が届く、そんなFBに私はなりたい・j・

Twitter

サムネイルLinks

検索フォーム

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOFT ROCK

同じジャンルばっかだとおれが飽きるんで、ちょいちょいほかのも
最近10年ぶりくらいにまとめてロック聴き直してるんです
もうロックにシンパシーを感じることはないんですが、やっぱりいい音楽はいつ聴いてもいいのう~なんて懐かしく感じながら記憶を辿っておりまん
今回は”ソフト・ロック”
ソフトロックって言葉はほとんど日本でしか使われてないそうな
区分も難しいし、海外ではロックとソフトって言葉は相容れないニュアンスだそうです
とにかくここでは、初期衝動のみに頼らない、ポピュラーミュージックとして質の高い曲を

エレクトロニカ終わったら、往年の殿堂・伝説級ロックバンド特集でも始めてみるかな
ロック好きはリクあれば特集しちゃうかも!
(選別はおれの好みと独断に激しく左右されます・j・)

Roger Nichols & the Small Circle of Friends - Don't Take Your Time


The Association - Never My Love


The Hollies - Bus Stop


The Millennium - There Is Nothing More To Say

この曲はおれ的隠し玉というかキラーチューン
死ぬまでに何度聴くことになるだろうか

The Millennium - The Island


こういった良質の音楽のエッセンスを吸収しつつ他の要素も絡まったのが、
ふた昔前に”渋谷系”って言われてたバンド群
小西康陽、小山田圭吾、小沢健二とその後も活躍してますね

Pizzicato Five - The Audrey Hepburn Complex

PVが時代を感じるw

Flipper's Guitar - 恋とマシンガン

これなんかのTVドラマの主題歌だったんだよな
ガキながらすごいお洒落な音楽だな~と思った記憶が
エレクトロニカ特集8 ”エロクトロニカ” | HOME | エレクトロニカ特集7 ”北欧”

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。